不可解な「小室圭問題」の謎 背後に見る雅子さまの影と小室圭さんの「もう一つの姿」とは?

更新 : 2019/06/27 (木)

お袋のためなンだわ


雅子さま「悪い予感」の的中

秋篠宮家ご長女・眞子さまとの婚約が内定していた小室圭さん。数々の疑惑が物議を醸してる。
小室圭さんの存在が知られるようになったのは約2年前の2017年5月。その後、夏頃には父・敏勝さんと祖父の自殺や、母・佳代さんと霊能者とのつきあい、佳代さんの元婚約者金銭トラブルなどが相次いで報じられた。
そういった報道を、当初、秋篠宮さまや紀子さまは意に介されるご様子はなかったという。だが、後にやってくる騒動をその時点で「予感」していたのは雅子さまだった。

「かなり早い段階で、雅子さまは“眞子さまのお相手は大丈夫でしょうか?”と不安を覚えられていたといいます。皇太子家と秋篠宮家は独立した別の家庭ですから、立ち入ったことを直接お伝えになるといったことはありませんが、雅子さまにとって、眞子さまは姪っ子であると同時に、娘の愛子さまをかわいがってくれた“お姉さま”でもあるわけです。愛子さまのお手本としても信頼を寄せられていた。それだけに、余計に心配が募ったのでしょう」(宮内庁関係者)
「眞子さま結婚延期 早い段階で不安を覚えていたのは雅子さま」女性セブン 2018年3月8日号


雅子さま叩きから秋篠宮家攻撃への逆転現象


雅子さまの「悪い予感」は的中し、秋篠宮家は炎上。そして、メディアの論調はこぞって、雅子さまバッシングから一転して秋篠宮家攻撃へ向かった。そのあまりにも急激なシフトの理由は何か。
そもそも、メディアによる皇室批判はどうしてこうも極端な論調になるのか。メディア側の心理としてはこうだ。グレーな部分はひとまず置いて、安心して叩けるものを皆でこぞって叩く。ネットメディア・アゴラの八幡記者はこう分析する。

週刊誌だが、これも、おそるおそるでへっぴり腰だ。常にカウンターをおそれている。だから、書いてもたたかれないと自信がないと書かない。ただ、困ったものなのは、大丈夫かどうかの判断は、あとからみんなついてくるかどうかであることが多い。
つまり、みんなで渡れば怖くないということだ。だから、まず、弁解の余地がほとんどない小室氏については、安心してたたける。しかし、いかにも内気そうに見える眞子さまには「目を覚まして」的な論調にとどまる(私は26歳の大人の女性に対してかえって失礼だと思うが)。一方、美人で勝ち気な佳子さまのほうは、たたきやすい。
「雅子妃たたきから秋篠宮家攻撃へシフトの裏側」アゴラ 2019年4月11日

そもそもタブー視されている皇室批判。その背景には、メディアによる皇室に対する批判が「誰が見ても分かりやすい弱点を叩く」という形にならざるを得ない、こういった構図が隠されている。
そして今、その「弱点」の役割を一身に引き受けているのが秋篠宮家だ。「小室圭問題」は誰もが安心して叩ける「突破口」の役割を果たした。


小室圭さんの不可解な行動


ひるがえって小室圭問題に目を向けてみると、疑問は尽きない。
そもそも、小室圭さんは婚約に踏み切る時点で、その後の騒動を予想できなかったのか。自身が抱える問題点への自覚はなかったのか。そう考えると、やはり小室圭さんに自覚がなかったとする方が無理がある。後の騒動は当初からの既定路線だったと考えるのが妥当だろう。
では、そこにどんな意図があったのだろうか。当初から、自らの炎上と引き換えに皇室の御威光を笠に着ることが目的だったのか。だが、単に御威光を笠に着て利益を得ることが目的であると考えるのは難しい。先行きが不透明の中で、損得の算段をつけるのはあまりにも困難だからだ。そんなことに手を出すのは馬鹿げている。
そうすると一つの解釈に帰結する。騒動を引き起こすこと、それ自体が目的だったのだ。
小室圭さんがあえて騒動を起こしたとなると、それは一体どういうことなのか。思い当たる節が一つある。そう、雅子さまだ。
述べた通り、小室圭さんはバッシングの矛先を雅子さまから秋篠宮家へシフトさせる「突破口」の働きをした。雅子さまは一連の小室圭問題と秋篠宮家への延焼によって最大の恩恵を得た人物だ。
こうした見方をする人は少なくない。例えば、精神科医・片田珠美氏は雅子さまのご快復についてこう語る。

「少々、意地悪な見方かもしれませんが、『小室圭さん』ではないでしょうか」
「雅子さまはこれまでずっと、紀子さまと比較され続けてきたと思います。(中略)しかし、そんな順調にやってきた紀子さま、ひいては秋篠宮家が、小室さんの騒動で揉めに揉めている。何事も完璧にはいかないものだと、雅子さまはお気持ちが少し楽になられたと思いますよ。期せずして、小室さんが雅子さまの心を救った面はあるでしょう」
「皇后となる雅子さま、「適応障害」は今――「小室圭さんがいい影響与えた」と精神科医が指摘」サイゾーウーマン 2019年4月30日

雅子さまが小室圭さんの「不審」にいち早く気付いていたこと。小室圭さんの登場と新天皇即位の絶妙なタイミング。そして、雅子さまのご快復。全ては一本の線でつながった。


雅子さまのご謀略か、「刺客・小室圭」と秋篠宮家の転覆

こう考えてはどうだろうか。当初、雅子さまは秋篠宮家を陥れるためのご謀略をお謀りになり、小室親子はその実行部隊としての役割を引き受けた。小室圭さんは雅子さまが放った刺客だったのだ。
すると、今までとは正反対の小室圭さんの「もう一つの姿」が見えてくる。自分の役割を的確に演じ、見事な炎上を遂げて、秋篠宮家と刺し違える格好となった小室圭さん。身代わりとしてメディアの攻撃を一身に受けて立つ姿はあっぱれだ。それはそれは見事な忠義である。
とすれば、ここから予想できる今後の展開はこうだ。小室圭さんは事態の長期化を望むはず、だから、事態の収拾を図るアクションはまず起こさない。先にアクションを起こすのは秋篠宮家の側になるだろう。秋篠宮さま、紀子さまが音を上げ、降参の会見を開くまで事態は長引くことになる。
それにしても、小室圭さんが自己を犠牲にして雅子さまに奉公する義理は何だったのか。小室親子が過去に小和田家から受けた恩義に報いるためか?残念ながら、今回は確かな情報を捕らえることはできなかった。今後、小室親子と雅子さま・小和田家の関係を明らかにし、推理の裏付けを進めていきたいと思う。


  1. 不可解な「小室圭問題」の謎 背後に見る雅子さまの影と小室圭さんの「もう一つの姿」とは? - 2019/06/27 (木) 02:21:00|
  2. カテゴリー: 未分類
  3. | コメント: 0

愛子さま、ご性転換なさいませ! 皇位継承問題のカギを握る「皇室LGBT問題」とは…?

更新 : 2019/06/25 (火)

aikosama_1.jpg


Contents
1 「皇位継承問題」の再燃
2 物議を醸した「小室圭問題」秋篠宮家への国民の失望
3 再浮上した「女系天皇容認論」
4 「男系護持論」の根拠とは?
5 愛子さまが性転換!?「男系皇統護持」の秘策とは
6 Y染色体は必要ない!?「男系皇統護持」の最終手段



「皇位継承問題」の再燃


文/アフリカ系韓国人 Twitter @shokosonja

秋篠宮殿下ご生誕の1965年以降、2006年の悠仁さまご生誕に至るまでの間、長く皇室に男子が生まれなかったことで生じた皇統断絶の危機。「皇位継承問題」は令和の新時代に入って新しい局面を迎えています。

2006年の悠仁さまご生誕により一度は下火になったものの、依然として皇位継承資格者が不足していることに変わりません。現状の皇位継承ルール上では、悠仁さまの肩に皇室の未来が重くのしかかった状況と言えます。そこで考えられうる対策として、「旧皇族の皇籍復帰も視野に入れた男系護持論」と「皇室典範の改正による女系天皇容認論」がこれまで激しく戦わされ、国民を巻き込んだ大議論に発展しています。

そんな中、国民世論を「女系天皇容認論」に大きく傾けることになった重大事件が発生。


物議を醸した「小室圭問題」秋篠宮家への国民の失望


事実上、秋篠宮家ご長男・悠仁さまに過大な期待を強いることになる「男系護持論」の背景で、秋篠宮家の「人気」が下支えになっていたことは疑う余地もありません。ところがこの秋篠宮「人気」はもろくも崩れ去ることになります。契機となったのは、ご長女・眞子さまのご婚約にまつわる「小室圭問題」。

2017年9月に眞子さまとの婚約が内定した大学時代の同級生・小室圭さん。その後、週刊誌やインターネット上では数々の疑惑の声が噴出し、今なお炎上の様相を呈しています。各週刊誌はこぞって小室家の不可解な実態を暴き出し、相次ぐスキャンダル報道に国民感情は悪化。「小室圭問題」に端を発した疑惑の目は佳子さま、紀子さま、悠仁さまと、秋篠宮家全体に飛び火し、その評判と信頼は地に落ちたと言っても過言ではありません。

秋篠宮家の評判失墜とは裏腹に、今まで熾烈なバッシングに晒されてきた東宮家(徳仁親王、雅子さま、愛子さま)を再評価する声が巻き起こり、ご即位後の今では天皇皇后両陛下としての聡明なお姿が国民の期待を集めています。

2019.03.02 小室圭さん問題の裏で、「東宮家」再評価が進む


再浮上した「女系天皇容認論」


さて、こうした流れを踏まえて、再び「女系天皇容認論」の議論が盛んになっています。信用が地に落ちた秋篠宮家に代わる、「愛子天皇待望論」の高まりです。

皇室に詳しいジャーナリストによれば、「4月半ばには朝日新聞も同様の調査を行い、容認は76%に上りました。仮に皇室典範が改正され、女性天皇も認められるとすれば、その筆頭候補は天皇陛下の長子である愛子さまですから、『愛子天皇』の実現を国民の8割が支持しているということになります」ここ20年ほど、この種の世論調査を行うと、女性天皇への賛成は概ね7割超に高止まりしている。
『週刊新潮』2019年5月16日号

論壇netでも「愛子天皇待望論」についての議論が注目を浴びています。

2019.06.22 国民は「愛子天皇」誕生を待望! プリンセス天皇制と新時代のリーダー像

男系は側室がなければ持続不可能な制度です。また皇族が少ない今、男系で維持することも不可能。
華族などの解体、側室の廃止という伝統がかわった今、皇位継承も変わって行かなければなりません。時代が変わったのに、制度も時代に則して変化しなければ、それは絶滅するしかありません。進化するか、絶滅するか、生物の歴史と一緒だと思います。
海外皇室も直系長子を取る中、素晴らしい愛子さまのたぐいまれな遺伝子は次世代にも受け継がれることでしょう。知性は母親に似るそうですから。
愛子さま天皇を望みます。
論壇net 匿名コメント 

宗教学者の島田裕巳は、「愛子天皇待望論」の盛り上がりの背景には素朴な国民感情があるとして、自身の記事の中で、

男系での皇位継承は譲れないと主張する人々は、一般の国民は女性天皇と女系天皇の区別さえできていないと指摘する。だが、愛子天皇待望論の背景には、国民がむしろ女系での皇位継承を希望しているということがあるのではないだろうか。私たちはもう一度、兼良の主張に耳を傾ける必要がありそうだ。
「「愛子天皇待望論」に見る、「プリンセス天皇制」という可能性」『現代ビジネス』 2019年6月18日

と締めくくっています。現代日本の価値観に則した新しい皇室のあり方を巡って議論される昨今、将来的に「女系天皇容認論」が現実味を帯びてくることは十分に考えられるでしょう。

しかしながら、仮に「女系天皇容認論」を採択するとしても、根強い「男系護持論」派の意見を蔑ろにすることは得策ではありません。日本国憲法第一条には「天皇の地位は主権の存する日本国民の総意に基く」と記されており、国民の広く皆が納得する形での決着が求められます。それこそが皇威も保たれ、「日本国民統合の象徴」の理念に則したあり方ではないでしょうか。


「男系護持論」の根拠とは?


男系天皇を護持する根拠として、神武天皇以来2600年以上に渡って脈々と受け継がれるY染色体を根拠にする考えがあります。Y染色体を受け継げない女系天皇には正統性がないというものです。

論壇netでは、この「Y染色体論」についても時折紹介されていますが、中にはユニークな手法で科学的なアプローチを加えたものがありました。

2019.06.13 皇統の「男系神話」を完全論破! 『先代旧事本紀大成経』に説かれる驚愕の真実

この記事では、神武天皇の驚愕の正体を暴き、その上で「Y染色体論」について次のように結論付けています。

今回の新資料によって、Y染色体論が完全に科学的に論破されたことは間違いない。古代天皇の陵墓に科学的調査が入ることを宮内庁が嫌がる理由もうなずける。きっと、ワニやトカゲの骨が発掘されてしまうのを恐れているのだろう。
論壇net 宮本記者
真偽はともかく、結局のところ、Y染色体の継承は皇統に関係はないようです。
さらに男系護持派が根拠とする主張を複数引用してまとめてみます。

皇室とはもともと代々男系で継承されてきており、一度たりとも例外は存在しない。天皇の正統性は歴史と伝統によってのみ保証される。もし女系天皇が即位すれば、神武天皇以来男系で連綿と継承されてきたとされる、男系による皇統は断絶し、全く別の家系による天皇が誕生することになる。
wikipediaより引用
天皇・皇室の制度は、諸外国の君主制とは異なり、チベットダライ・ラマの転生と同様に、極めて特殊なものであるため、科学的な立場からの批判は受け付けない。
同上
男系維持の可能性がある中で、歴史上一例も存在しない男系を切断しての女系に皇位を移すなど絶対にありえない。
同上

「歴史と伝統」は絶対に譲れない。女系天皇即位は王朝交代に等しいと考える向きが根強い支持を集めているようです。
では、イデオロギー先行とも見れる男系護持派の「大義」に歩み寄り「愛子天皇」を実現するためには、どのような方法があるでしょうか?一つの秘策の可能性を探ってみます。

愛子さまが性転換!?「男系皇統護持」の秘策

その秘策とは、愛子さまの「性転換」です。

「名を捨てて実を取る」という言葉があります。愛子さまが男性になることで「女系天皇」の名目を捨て、従来通りの「男系男子天皇」として即位するとの驚きの提案です。

ここで言う「性転換」とは「性の自己意識・自己認識」においての転換であって、必ずしも一般に想像するような性転換手術を伴うわけではないと想定しています。

では果たして、そんなことで男系護持論派は納得するのでしょうか?皇室とジェンダー問題に詳しいSF作家のU氏は、愛子さまが性転換を行う仮定について次のように述べています。

「仮に愛子さまご自身が心の性が男性であることを告白され、男性としてのご意思を積極的に表明なさったとすれば、そのご意思を蔑ろにすることはできないはず。現代の尺度に照らし合わせれば、当然男性天皇として皇位を継承する資格を持つはずです」

ジェンダー問題が認識され理解されるようになってきた今日、皇室とてそれは例外ではありません。しかし、いくらなんでも非現実的ではないか?そのような突飛な仮定は無意味ではないか?こうした疑問に対してU氏は答えます。

「もちろん(上述は)極端な仮定での話ですが、ジェンダー問題は今に始まったものではありませんし、皇室内にもLGBT問題は必ず存在します。イギリスのロイヤルファミリーでは同性婚の例が既にありますよ。」

タブーの深い霧に包まれた聖域を理性の光で照らす。「愛子さま性転換論」は一つの突飛な仮定に過ぎないものの、問題提起の出発点としてはあながち無意味な仮定でないのかもしれません。


Y染色体は必要ない!?「男系皇統護持」の最終手段


さて、「性転換宣言」によって男性天皇として即位した「愛子天皇(男性)」。仮にそれが実現したとしても、すぐに大きな壁に突き当たることになります。当然です。

「愛子天皇(男性)」とその皇后からは子供が生まれません。身体的には両方とも女性となってしまうためです。こうなると議論は振り出しに戻ってしまいます。はて、どうしたものか…。

そこに、明るい未来のサイエンス記事が希望を与えてくれます。

<中国の研究チームがネズミのメス同士の生殖に成功。人間の同性カップルも子供が持てる日はくるか>

最新の遺伝子編集技術を使って、中国科学院の研究チームが、2匹のメスのネズミから採取したDNAを使って健康で生存能力のあるマウスの子供を作ることに成功した。オスの精子やDNAは使われていない。
「子作りにもうオスはいらない? ネズミの同性ペアの生殖に成功」『Newsweek』2018年10月12日

メス同士のマウスから子供を作ることに成功したというニュースです。

アデレード大学のロバート・ノーマン教授(生殖・妊娠医療)によると、今回の単為生殖技術は、将来的に人間の同性カップルにも応用できるかもしれない。しかし、こうした医療が実現するまでには多くの実務的、技術的、倫理的な障害を克服しなければならない。
同上

現在はまだまだ課題の残る単為生殖技術、人間への応用は遠い道のりとしつつも、将来的な可能性が示唆されています。

また、同記事ではこのようなことも述べられていました。

新たな生殖の試みは全くの初期段階だが、多くの重要な意義があると専門家は語る。人間の遺伝子異常への理解を深めたり、研究に最適な実験動物を製造したり、または絶滅危惧生物のクローン生成などへの道が開ける。
同上

「絶滅危惧生物のクローン生成」。遠い未来に皇統が絶滅に瀕した時、この「クローン生成」の技術が生かされ、皇室の再興を図る…?「皇位継承問題」が混乱を深める中、そんな信じがたい噂までもがまことしやかに囁かれ、世間を騒がせています。

いかがでしたか?

「クローン天皇」に皇室の未来を託す、はるか将来にそんな時代が訪れないことを願うばかりです。




  1. 愛子さま、ご性転換なさいませ! 皇位継承問題のカギを握る「皇室LGBT問題」とは…? - 2019/06/25 (火) 16:38:00|
  2. カテゴリー: 未分類
  3. | コメント: 0

ようこそ

尊師「救済が、遅れるなぁ…」

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

最新コメント